勃たない原因改善

活性酸素がEDの原因の一つになっている

投稿日:

活性酸素がEDの原因になっていることについて意外と知らない人も多いです。

人間は生きていく中で、活性酸素によって体が酸化していき、それが老化に繋がっていきます。

酸化は人間が生きていく中で避けては通れない問題で、活動していく中で体の組織や細胞で絶えず活性酸素は発生しています。

活性酸素は毒性があり、体のあらゆる部分を酸化させて、老化として色々な問題を引き起こします。

酸化のイメージとしては鉄が錆びてボロボロになるというような感じだと理解しておくと分りやすいかと思います。

活性酸素は体の老化を促進させる

活性酸素は体の老化を促進させる

活性酸素は近年注目されていているもので、老化の原因にもなっている物質で、シミやシワなどの老化現象にも大きな影響を及ぼしています。

他にも生活習慣病やアレルギー、不眠、男性更年期障害などにも活性酸素は影響しており、非常に厄介な物質です。

活性酸素は呼吸などによって酸素を取り込んで栄養素を燃焼するなどの過程で発生するものなので、なかなか抑えるのは難しいんですよね。

活性酸素によって体の細胞が老化すると、当然ですが男性機能も老化することになり、ED中折れなどの症状にも繋がってきます。

活性酸素が老化に大きな関係があるということだけでも、人間の体には非常に大きな悪影響だと分るのではないでしょうか?

活性酸素がEDに繋がる原因になっている理由とは

活性酸素がEDに繋がる原因になっている理由

活性酸素による老化は体の一部だけということではなく、ペニスはもちろんですが、精巣などにも影響してくるので、EDや中折れと非常に大きな関係があります。

そのため活性酸素によって男性ホルモンのテストステロンが作られている器官の老化も促進させてしまい、働きを悪くしてしまうので、精力減退に繋がってEDになってしまいます。

また活性酸素は体の器官だけでなく、血管の老化にも大きな影響を与えます。

活性酸素が脂質と結合してしまうと過酸化脂質になってしまい、血液を汚すことになります。そして血管壁に溜まってしまった脂質が活性酸素によって酸化してしまうと動脈硬化につながります。

ペニスが勃起するためには海綿体に血液が流れていく必要があるので、勃起するためには血液の流れがスムーズであることが重要になってきます。

しかし活性酸素によって血管が老化してしまったり、血液に過酸化脂質が混じってしまうと血液の流れが悪くなるので勃起しにくくなったりして、最終的にはEDに繋がってしまうということです。

活性酸素はどのような原因で発生するの?

活性酸素発生原因

活性酸素はEDはもちろんですが、上記のように健康にも大きな影響を与えてくるので、健康を維持するためにもできるだけ注意することが大事になってきます。

では活性酸素はどのようなことが原因で発生することになるのでしょうか?

活性酸素は色々な原因で発生しますが、その中でも現代人が引き起こす主な原因について解説していこうと思います。

ストレス

ストレスと活性酸素は非常に密接なつながりがあり、人間はストレスを受けると、ストレスから体を守るために副腎皮質ホルモンを分泌します。

この副腎皮質ホルモンの分泌と分解が行われる過程で活性酸素が発生します。

では副腎皮質ホルモンが悪いのか?ということになりますが、副腎皮質ホルモンがないと立ちくらみや、低体温、低血圧になったり、寝付けないなどの不眠症になる可能性があります。

つまり副腎皮質ホルモンは重要だが、ストレスによって過剰に分泌されると活性酸素が多くなり、体に悪影響を与えるということになります。

食生活の乱れ

食生活によっても活性酸素発生の原因になってしまう可能性があります。

食事をしてそこから栄養素を取り出しエネルギーにする際には必ず活性酸素が発生します。

また保存剤や防腐剤などの余計な食品添加物を解毒する際にも活性酸素が発生するので、加工食品などばかりを摂取していると活性酸素がどんどん増えることになります。

さらに脂質やコレステロールが多い食事をしている場合も注意が必要です。

脂質は腸内で分解されますが、分解されずに残ったものは肝臓で解毒され、その過程で活性酸素が発生します。

またコレステロールが多い食事をしていると、それが活性酸素と結びついて血管に負担をかけて動脈硬化を引き起こしてしまいます。

喫煙

喫煙も活性酸素発生の大きな原因になります。

タバコには活性酸素を発生させる原因になっているタールやニトロソミアンなどが含まれており、他にも色々な有害物質が含まれています。

こういった有害物質排除のために活性酸素が作り出されて、有害物質を攻撃するのですが、この際に肺組織も攻撃を受けてしまいます。

またタバコの煙には活性酸素の一つである過酸化水素も含まれているので、タバコを吸うことそのものが活性酸素を摂取していることにつながってしまいます。

現在は禁煙ブームが広がってきて、タバコを吸う人もすくなくなってきていますが、中年男性の中には愛煙家もいると思うので、喫煙には注意した方がいいです。

EDや中折れのための活性酸素対策の方法

EDや中折れのための活性酸素対策の方法

活性酸素がEDや中折れなどの男性機能低下にどのように影響しているのかわかってきたと思います。

しかし、このように体に悪影響を及ぼして老化を促す活性酸素にどのように対抗していけばいいのでしょうか?

いくつかEDや中折れ対策にも効果的な活性酸素対策を下記で載せたのでよかったら参考にしてください。

食生活かを見直そう!

毎日の食事は非常に重要で、活性酸素の原因でも記載しましたが、食品添加物や脂質、コレステロールが多い食生活をしていると活性酸素に悩まさせることになります。

まずはこういった食生活を見直すことが大事になってきます。

さらに活性酸素対策に効果的な栄養素としては、フィトケミカル(植物栄養素)ビタミンミネラルが効果的なので、こういった抗酸化作用のあるものを摂取するといいです。

最近では活性酸素の問題も知られるようになってきて、抗酸化作用のある食品も多くなってきており、こういった食品を積極的に摂取するといいです。

酵素を摂取しよう

活性酸素を除去する働きがあるのが酵素で、特に体内酵素を無駄遣いさせないことがEDや中折れ対策には重要になってきます。

酵素は40歳くらいから体内での生成数が少なくなってくるので、40歳を過ぎたくらいから老いを感じやすくなるという人も多いのではないでしょうか。

体内酵素を無駄遣いさせないためには、添加物や脂っこいものを摂取しすぎないようにしたり、アルコールやカフェインを飲み過ぎないようにすることが大事です。

また活性酸素を極力発生させないようにするために、ストレスや睡眠不足などにも注意するようにしましょう。

精力剤を利用する

精力剤も活性酸素に繋がる栄養素が含まれており、EDや中折れ対策には重要な役割を果たしてくれます。

精力剤には色々な栄養素が含まれており、シトルリンアルギニンは血管を拡張して血液の流れを浴して、動脈硬化抑制などの効果を発揮してくれます。

またアルギニンを摂取すると一酸化窒素が体内で発生して、この一酸化窒素によって活性酸素の悪影響を抑えることができます。

アルギニンは多くの精力剤に含まれているので、精力剤を利用するとEDや中折れ対策もできますが、それだけでなく活性酸素対策にも繋がるのでお勧めです。

精力アップのための精力剤が健康にも繋がるので、利用を検討しているなら当サイトの精力剤ランキングを参考にしてください。

-勃たない原因改善

Copyright© 精力剤おすすめ人気ランキング!売れ筋精力剤徹底比較 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.