勃たない原因改善

勃起しても萎える原因を解説!勃起を持続できない人必見

投稿日:

勃起してもペニスがすぐに萎えるということで、ペニスの勃起が維持できないということで悩む人は多いです。

年齢を重ねれば勃起してもペニスが萎えることは珍しいことではないですが、原因はそういったことだけではないです。

実際に高齢者でもペニスが勃起して萎えないという人は少なくないですし、精力が低下してない老人も普通にいます。

勃起してもペニスが萎えるということについて「年齢のせい」ということで諦めてしまっている人も多いですが、実は「年齢が原因で勃起が維持できない」ということではない可能性があります。

では具体的にどういったことが原因で勃起してもペニスが萎えるのでしょうか?

勃起してもペニスが萎える5つの原因

勃起してもペニスが萎える5つの原因

勃起してもペニスが萎える原因として挙げられるのは5つあります。

この5つの原因が複雑にからんでしまって勃起してもペニスがすぐに萎えるということになってしまうのです。

ペニスが勃起しても前戯の段階で萎えるような場合には下記の原因を疑うといいです。

血液の流れが悪くて萎える

血液の流れはペニスの勃起や萎える原因と深く関わっており、血液がサラサラなのか、ドロドロなのかということは非常に重要なことです。

人間ドックや健康診断で血液の流れなどを調べられると思うので、自分の血液がサラサラなのかドロドロなのかということは調べればすぐに分ることです。

血液がドロドロになると動脈硬化の原因になり、健康にも良くないということは一般的にも知られていることです。

ペニスの動脈は体の中では最も細いので、動脈硬化の兆候がもっとも現れやすい部分とされています。

つまり血液がドロドロの状態だと、ペニスに流れる血液が動脈硬化の兆候として影響を受けてペニスへの血液の流れが悪くなり、ペニスが萎えるという原因になります。

活性酸素の影響で萎える

活性酸素は体の酸化を引き起こすもので、いわゆる老化の原因と言われているものです。

そのため老化の影響でペニスがすぐに萎えるというのは、あるいみでは活性酸素が原因ともいえますね。

酸化は人間に限らず、色々な物質に発生するもので、鉄や金属の錆びをイメージすると分りやすいと思います。人間も参加すると錆びのようにボロボロになるように老化が進んでいくということです。

そんな錆び「老化」の原因になっているのが活性酸素です。

活性酸素がペニスや睾丸などに影響を与えれば、男性機能の老化を促進させることになり、男性機能が老化すればペニスも萎えやすくなるということです。

参照:活性酸素が引き起こすEDについて

便秘や腸内環境悪化で萎える

便秘や腸内環境もペニスが萎えやすくなることに影響をあたえます。

便秘や腸内環境が悪化しているということは栄養が偏っていたり、飲酒や喫煙、運動不足など生活習慣が乱れている場合が多いです。

腸内環境が悪化すると、そこから栄養素を運ぶ血液が汚れることになってしまい、それがペニスに届けられることになるので、勃起に影響を与えるという仕組みです。

腸内環境が悪化して血液がドロドロになれば、それだけペニスに送られる血液の量にも影響するので、海綿体に血液が集まりにくくなり、勃起が維持できなくなりペニスが萎えるということになります。

男性ホルモン低下で萎える

ペニスの勃起や、ペニスが萎えやすくなる原因として外すことができないのが男性ホルモンの低下です。

男性ホルモンの低下がペニスの勃起やペニスが萎えやすくなる原因になるということは、何となく説明されなくもイメージできる人も多いのではないでしょうか。

男性ホルモンは男性の体作りには不可欠なもので、男性ホルモンのテストステロンは、性欲や性機能の維持はもちろんですが、精子を作ったり、男性機能には不可欠なものです。

そのため男性ホルモンが低下すれば、当然ペニスの勃起にも大きな影響を与え、性機能維持の機能が低下してペニスが萎えやすくなるということです。

ストレスや自律神経の乱れ

ストレスは誰でも少なからず抱えているものですが、過度なストレスは体に大きな影響を与えます。

ストレスや自律神経が乱れているような状況だと、性欲が起きないので、当然ですが、ペニスも勃起せず、ずっと萎えた状態になります。

ペニスを勃起させるにはリラックスした環境を整える必要があり、ストレスなどによって自律神経が乱れた状況で勃起させるのは不可能です。

妊活などで、決められた日に性行為をしなくてはならないなどのプレシャーがあると勃起しにくいというのは、プレッシャーによるストレスや自律神経の乱れが原因なんですよね。

ペニスは非常に繊細で、ちょっとした精神的なストレスによって萎えやすくなるので、こういった心的要因はEDの原因にもつながります。

勃起しても萎える場合の対策方法

勃起しても萎える場合の対策方法

勃起してもそれを維持することができず萎える原因については上記のような5つが大きな原因です。

では具体的にペニスの勃起を維持して萎えさせないようにするためにはどのような対策方法が考えられるのでしょうか?

食生活を見直す

食生活を見直すことは長期的に勃起を維持して萎えさせないためにも重要な対策方法です。

上記の萎える原因でも載せていますが、腸内環境の悪化は勃起に大きな影響を与えます。

コレステロールが多い食事など影響が偏っている場合には見直すといいと思います。

少しでも健康を考えた食生活を意識すればかなり状況は変わってくると思います。また便秘の人は、便秘を解消することでペニスが萎えにくい体作りにも繋がってきます。

下記のページで載せているような栄養素を意識すると精力アップに繋がるので参考にしてください。

参照:精力アップに効果的な食事

筋力トレーニングをする

筋力トレーニングををするのも勃起しても萎えるという場合の対策方法として効果的です。

トレーニングをすることで血液の流れを促進して、ペニスに血液が流れやすくすることができるのはもちろんですが、男性ホルモンを活性化させることにもつながります。

また運動することで腹筋が鍛えられ、腸のぜんどう運動を促進することができ、便秘解消にもつながります。

さらに運動することでストレス解消することができ、自律神経を安定させることにもなり、非常に大きくの良い影響を与えてくれます。

特にペニスに近い下半身を中心に筋力アップを進めていくと効果的です。

参照:ペニスの勃起に効果的なトレーニングとは

精力剤を利用する

一番効果的にペニスが萎える場合の対策をするなら精力剤を利用するのが手っ取り早いです。

精力剤には勃起に必要な栄養素はもちろんですが、精力アップに必要な体作りを助ける要素なども数多く含まれており、筋力トレーニングと一緒に利用することで相乗効果を得ることができます。

普段の食事から勃起に必要な栄養素を摂取することも大事ですが、それだけではどうしても限界があります。

普段の食事からでは摂取しにくい勃起に必要な栄養素もあるので、食事対策については、精力剤に頼るというのも一つの方法です。

精力剤について、単純に勃起させるだけのものと思っている人もいますが、精力剤は勃起に必要な健康な体作りに効果的な栄養素を数多く含んでいるので、ある意味では最高級の栄養食品とも言えると思います。

当サイトでは勃起してもすぐ萎える場合に効果的な精力剤をランキング形式で載せているので参考にしてください。

-勃たない原因改善

Copyright© 精力剤おすすめ人気ランキング!売れ筋精力剤徹底比較 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.