勃たない原因改善

タバコと飲酒が勃たない原因になる理由とは

投稿日:6月 19, 2016 更新日:

タバコと飲酒がセックスなどで勃たない理由になっているというのは何となく知っている人も多いのではないでしょうか。

しかし具体的にどのような理由で立たなくなるのか詳しい原因を知らない人は多いと思います。そこでタバコと飲酒の勃起との関係について説明します。

男性でタバコと飲酒を普段からよく行っている人は多いのではないでしょうか。

タバコを吸う人は少なくなってきているかもしれないですが、飲酒の方は会社での人付き合いなどで無理して飲んでいる人もいると思います。

お酒については適量なら問題はないですが、タバコの場合だと適量とかは関係なく体に良くないので、勃たないと感じているなら考え直す必要があると思います。

まずは下記からタバコと飲酒での立たない理由を参考にしてください。

飲酒が勃たない原因になる理由とは

飲酒が勃たない原因になる理由飲酒は普段から仕事での接待で飲む人も多く、女性を口説くときに利用する人も多いです。

お酒を飲むと楽しい気分になり、仕事の疲れやストレスなども吹っ飛ぶという人も多いのではないでしょうか。

お酒が適量なら開放的な気分になって性欲も高まってきます。アルコールによって大脳の働きがほどよく抑えられて、快楽をもたらす神経伝達物質のドーパミンが分泌されるようになるからです。

ただお酒を飲みすぎると大脳の働きが低下して性的な興奮が抑えられるので勃たない原因や中折れの原因になります。

ちなみに脳へのお酒の影響で立たない原因については下記が参考になります。

お酒で立たない原因と対処法

参照:お酒で立たない原因と簡単対処法

飲酒は他にも睡眠に影響を与えます。

夜寝れないからお酒を飲むという人もいますが、これも多くの場合には逆効果になっています。

適量なら確かに寝つきがよくなりますが、寝酒として毎日のようにお酒を飲んでいる場合だとアルコールに対する体性ができてまってどんどん飲酒の量が増えていってしまいます

アルコールを飲みすぎると一度寝ても途中で目が覚めることが増えて、睡眠の質が低下してしまいます。

睡眠の質が低下すると男性ホルモンの生成が十分に行われなくなるので、それが中折れや勃たない原因にも繋がります。

睡眠が精力に与える影響

参照:睡眠と精力増強による勃起との関係

タバコが勃たない原因になる理由とは

タバコが勃たない原因になる理由タバコの喫煙とお酒の飲みすぎの両方が揃ってしまうと、確実に男性の勃起力は低下していきます。

タバコと勃しないというのは実際にデータでも証明されており、ED患者には喫煙者が多いことがわかっています。具体的にはED患者の80%が喫煙者と言われています。

日本人男性の喫煙率が30%で、ED患者の喫煙率が80%なので、タバコとEDにはかなり強い相関関係があると判断していいのではないでしょうか。

結構タバコによるEDは深刻なので、精力増強させて勃起させたいと思っているならタバコは絶対にやめたほうがいいです。

タバコには4000種類を超える化学物質が含まれており、その多くが有害物質になっており、そのなかには数十種類の発がん物質が含まれています。

またタバコは精子の受精能力を低下させるだけでなく、染色体異常の原因にもなってくるので、妊活をしているような場合だと、生まれてくる赤ちゃんにも影響を与える可能性があります。

タバコをやめられない人は禁煙などによってストレスが溜まるということを言う人もいますが、こうしてみるとストレスなんかよりもより深刻な影響をもたらしているというのがよくわかると思います。

精力剤や精力アップのための活動も、タバコを吸っているだけで無駄になってしまう可能性が高いので、中折れや勃たたない原因の対策をおこなっているならしっかりと禁煙から取り組むようにするといいです。

当サイトでは精力増強に効果的な精力剤を載せているので勃起しないと悩んでいるなら参考にしてはどうでしょうか。

-勃たない原因改善

Copyright© 精力剤おすすめ人気ランキング!売れ筋精力剤徹底比較 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.